飯田建築設計事務所 │ ルネス研究所
SINCA HFとは
構造と特長

床組例
メリット
他工法とのコラボレーション

SINCA ハイブリッドフロアの床組は、Σビームをビーム固定金具を介して、コンケーブスラブの厚い部分に取り付けます。ボルトをスラブに打ち込んで固定するのではなく、防振ゴムをはさんで完全に置いた状態を保つため、振動が階下に伝わりにくく、メンテナンス性にも優れています。



Σビームに固定金具を取り付け、コンクリートスラブ上に置いた状態にします。ビーム、スラブとの接地面には防振ゴムを使用しているため耐震・遮音性もアップします。



Σビームと同じ形状のジョイント金物により、SINCAの床組はどのようなワイドスパンの床にも対応できます。