飯田建築設計事務所 │ ルネス研究所
HISTORY 沿革 NEWS お知らせ RENACE ルネス工法 PROFILE 概要
about SINCA
SINCAについて
長期的な耐震性・建設工事費の削減
SI住宅・200年住宅への対応
優れた制振・遮音性能
収納問題を解決
容易な維持管理
ライフサイクルコストの削減
室内床組(ビーム)取り付け方法/基本型
SINCAを支えるオリジナル部材
サポート部材による制振機構
床下を利用した暮らし

SINCAなら長期に渡って建物資産価値を維持。
日本のマンションの寿命は通常30年と言われています。これは欧米に比べて半分以下。しかも規模が小さく画一的な間取りになりがちで、リフォームも困難であるのが現状です。そこで注目されているのがSI住宅。SIとは、スケルトン&インフィルの略で、建物の骨格であるスケルトン部分と住空間内部であるインフィル部分に分離して考えること。スケルトン部分を200年以上長持ちする耐久性を重視し、インフィル部分はライフスタイルや経年に応じて自由に変えられることを重視したシステムです。間取りの自由度が高まる、リフォームが容易になる、維持管理がスムーズになるなどのメリットとともに、マンションの寿命を飛躍的に伸ばします。SINCAはその独自の構造により、スケルトン&インフィルの概念をも合理的にかなえる斬新な工法です。

国別住宅寿命の比較

ストックの住戸数をフローの住戸数で除外した値
海外の数値は「Annual Bulletin of Housing and Building Statistics for Europe」より作成
日本の数値は「住宅統計調査」より作成

百年住宅に最適なスケルトン & インフィル構造

これまでは間取りや内装が老朽化して、リフォームしたいときやレイアウト変更したいときには、それに合わせて骨格も建て直す必要がありましたしかし、この構造ならインフィル部分を新しくするだけでマンションそのものを200年もたせることが可能になりました。

建物を長く使うことで1年あたりの費用は安くなります(ライフサイクルで費用を考える)

以下のデータ(耐用年数50年と100年の比較)でもわかるとおり、超長期住宅コストパフォーマンスの大きなメリットが期待できます。